葬儀の喪主の決め方

葬儀の喪主の決め方 喪主は葬儀において非常に重要な役割をすることは言うまでもありませんが、葬儀が終わった後も法事などにおいて重要な役割を担うことも求められます。葬儀を行うに当たっては通夜の前までには喪主を決めなくてはなりませんので、少しあわただしくなることも想定されます。しかしながら、葬儀が行われることがあらかじめ予想される場合には事前に喪主を決めておいても良いでしょう。喪主は必ずしも血縁でなくてはならないというルールがある訳ではありませんので、故人としたかった方に喪主をお願いすることもできます。

肉親の死が迫ってきてしまったら、喪主を決めるのと並行して、危篤である旨の連絡をすることが必要になってきます。危篤の連絡をする相手はかなり限定されたものであるといいでしょう。肉親に囲まれながら最期の時を迎えることをしなくてはなりませんので、あらかじめこちらも誰に危篤の際には連絡をするのかについてきちんと決めておくことが必要です。

家族がなくなったら今度は訃報の連絡を関係者にしていくことが必要です。まずは亡くなったことを伝えて、通夜や告別式の日程などは後日伝えることを知らせておくと良いでしょう。訃報の連絡は漏れが無いようにしなくてはなりません。リストをあらかじめ用意しておくとスムーズです。喪主が全員に連絡する訳にはいきませんので、家族で分担して連絡をするようにしてもいいでしょう。更には、葬儀を自宅で行う場合には近所の方や町内会などに連絡することも必要になります。

親族以外の方が訃報の連絡をする場合には、情報を的確に知らせることをしなくてはなりません。また、親族と自分の関係を説明することも必要です。要点としては故人がなくなった理由を簡単に述べて、通夜と葬儀の日程が決まっている場合には、メモを取ってもらいながら、正確に伝えましょう。

訃報の連絡をしてもらっている間に喪主は葬儀社のスタッフと葬式の段取りについて打ち合わせをしておくようにすると良いでしょう。どのような形で葬式を行うのか、更には予算などについてはどのようにしたいと思っているかについても詳細を打ち合わせておくようにしなくてはなりません。葬式の段取りについて不明な点があれば遠慮なく問い合わせるようにするといいでしょう。喪主は葬式にやってくる方に対して礼儀正しい対応が必要になります。マナーについても不明な点があれば葬儀社に確認しておくようにしたいものです。

最新ニュース